窓際中高年サラリーマンでもできる。身ひとつで月3万稼ぐ副業おしえます。

中高年会社員でも副業で月3万円稼ぐには

突出したスキルがない貴方が稼ぐ方法

私は現場系の仕事はすべて引退。
便利屋から派生したサービスを展開しています。

今では支援をする側にまわっていますが、
はじめて便利屋をして取り組んでいたのが
仕事の仲介や登録スタッフの派遣です。

派遣といっても資格は必要ありません。

これこれこーの仕事をこなして頂戴ねって仕事を他者に与えます。

とはいっても実績や力量がない人だとまったく使えないので
こちらでいくらか指導・ノウハウの提供はします。

けれどこれは生産性がわるいです。

最初から力量がある=仕事を難なくこなせる人を見つけて
仕事を与える(投げる)ほうが効率がはるかに良いです。

でも、便利屋の開業初期ではなんら人脈なんてありません。

キャリアがあっても会社から逃げるように脱サラした方は
頼れる人間はいないでしょうね。それでも裸一貫からの起業よりは
マシです。

しかし、このブログを読んでおられるような方は
慎重な方とお見受けします。

宣伝なんてしないのにわざわざこのようなブログを、文章を
ここまで読まれているので。

そこで、今回は突出したスキルがないおじさんでもできる
便利屋的副業を紹介いたします。

・どこの市場?
はっきり申しますと、中高年の価値は低いです。

逆に女子校生や大学生など未来が開けている年代、主に女性の価値は高い。
どの「市場」に身を置くかってことですね。

市場は細かく分類できます。
恋愛市場と結婚市場まったく違いますから。

普段生活している場で考えると
「日常生活」という市場でしょうか。
むりやりで苦しいですけど。

世のおじさん。中高年の男性は「日常生活」では価値が低い。
低くおもわれがちです。

仕事をさせる以外の使い道がない。
よくて家族のアッシー(足代わり)・タクシードライバーの役割。

電車の席で隣になるのであればほとんどの人は
若い女性または若い男性を希望するでしょう。

空席であればもちろん空席に座りますけど。

決して若いとは言えない、おじさん(中高年)は煙たがられます。

大手企業に属して、そしてその事実を話してようやく認められる程度です。

立派な肩書きを持っていても、道をあるけば調子に乗った若者から
通りすがりに舌打ちをされたり、横を通り過ぎる女子校生に笑われる。

あからさまに指をさされて嘲笑を受ける機会だってあるでしょう。

それは価値が低いと思われているからにほかなりません。

でも、それは日常生活におかえるひとコマ。

自分の価値が高い場所に移動すれば何倍にも価値は跳ね上がります。

以上が前ふり。

本題はここから。

どうしたら肩書きもない平社員であり、突出したスキルもなく
趣味もない。若者からも馬鹿にされるような中高年が副業で稼ぐのか?

中高年という立場そのものにも価値がある

それは「中高年の社会人」というステータスを利用します。
自分を派遣するんですね。

「突出したスキル」がなくても長年の社会人経験により
一通りの事(挨拶・謝罪・連絡)ができているはず。

なにより中高年という事実・存在が武器になる。

a0001_400084_m

なぜか?

そこに需要があるためです。

私は便利屋を開業しようとする方や、
何の技術もなく副業をしようとする方に進めているのが
「自分を派遣すること」です。

または人をあつめて派遣することとも申せます。
要は手配師です。

中高年は意外と需要があるのに供給がむずかしいポジションです。

たとえば謝罪代行を例にとります。

依頼者が求めてきやすい、注文してきやすいのが
「上司風の容姿で~50代の方をおねがいします」
との上司役かつ中高年。

スーツを着慣れているとなお良いでしょう。

それも平日昼間対応ができる方は需要が高い。
だってほとんどの人は会社で働いている時間帯です。

もし、当記事を読んでいるあなたが中高年であり、
スーツを所持。それでいて社会人経験があって
平日の昼間に時間をとれるのであればすぐにできます。

副業で起業ができます。

具体的には以下のような流れですね。
かなり大雑把ですので注意。

HP(ホームページ)を開設。
HPに「中高年を派遣します」と記載。
サービスメニューには「謝罪代行」をはじめ
演技系のメニューを載せます。

「上司や親を装って演技することも可能です!」
と、説明をしておけば閲覧者から質問・問い合わせがあるはず。

依頼者と相互に連絡をとりあい派遣日・時間帯・会話のながれ(台本)
などを設定。

あとは自分が依頼者の希望日時に派遣場所へ赴くだけです。

でも、自分では対応できない依頼は当然あります。

あなたが50代であり、肌は色白で文科系、県外に出張なんてできないのに
依頼者の要望はこうです。

依頼者「40歳程度のスポーツマン系の男性をxx市(県外)までお願いします」

その場合どうするのか?

簡単です。

同業他社に仕事を仲介すればよいだけです。
※とはいっても、便利屋は結構テキトーな業界なので
無視されたりドタキャンされたりもします。

しかし、仕事を投げる(仲介)すると手に取る利益がすくない。

だったらどうするの?

サラリーマンでも手配師稼業

自分でどうするしかないですよね。
まずは人を集めるんです。

日中暇にしているリストラされた中高年の方々や、
夜勤交代制の仕事をしている方々を集めます。

今や無料で求人がだせる時代です。
ネットを駆使してどうにかこうにかしてあつめます。

年齢も住んでいる場所も違う人物を集めるのがコツです。
対応できる要望・範囲を広げるためです。

いちどシステムが構築さえたらあなたがすることは差配です。
頭の部分を担当します。

依頼が入ったらまず要望を確認します。

たとえばの話。

会社内においてあなたは業務中。
仕事を黙々とこなしています。
そこにスマホにメールが届きます。
依頼者からのメールです。

依頼人「千葉県x市に40代の男性が欲しい」
依頼人の目的は、話のつじつまあわせ。
トラブルになりそうなので親戚役として
上記に該当する人物の手が欲しいとのこと。

そこであなたは登録スタッフリストから
依頼者が求める人物像に該当する登録スタッフを探します。
連絡先を確認して内容をメールで転送。

実際には依頼をしてくる方は自分の要望をちゃんと伝えられません。
そのためヒアリング(要望の聞きだし)が必須です。

そして、ヒアリング結果をうまくまとめてスタッフに通達する
のも少しばかり経験とコツが必要なのですがやっていけば慣れます。

登録スタッフを鍛えて、依頼者のヒアリングを任せても良いかもしれません。

なお、この場合、登録スタッフに依頼者のメールアドレス・電話番号を
与えることになるので、リピート依頼のときにはあなたの頭ごしに
話をすすめる恐れもあります。

実際に派遣して最終打ち合わせをするのは登録スタッフであれば
事前に契約を固めておく必要がありますね。

「自分(紹介者)の関与・許可をとらずに依頼者と連絡をとってはいけない契約」を。

上記の流れであれば会社員生活を続けながらの副業は可能です。

身一つでできますし、なんら在庫を抱える必要もない。
1年間のうちに1件でも受注できれば赤字にはまずなりえません。

突き止めれば依頼者と登録スタッフとの橋渡しで利益があがります。

このような人材派遣系は、月に 2件もあれば 3万はまず稼げます。

自分(あなた)が登録スタッフの分をこなすことができれば1件で2万円近く。
演技が必要な人材派遣相場は2万~2万5千程度ですから、時間帯効果も高いです。

ただし、あくまで一例です。

経営者視点を持つ

私が伝えたいのは「他力を使う」ことの重要さについてです。

私はいっちょまえに売り上げが伸びない自営業者さんや
便利屋開業予定者の支援をしています。

ですが、多岐にわたってのスキルはありません。
ネット集客からチラシのデザイン・印刷。
キャッチコピーの作成からLP作成。

すべて一人でこなすのは不可能です。
どうしても一人でやろうとすると知識は「広く浅く」なり、
質の良いサービスは提供できません。

あくまで便利屋経験者・無資格無資金からのニッチビジネスプチ成功者としての視点
+各種専門家さんの力でもってサービスをつくりあげているだけに過ぎないのです。

自分ひとりでできる事は限られています。

会社組織だってつまるところは小さな専門家集団の集まりです。
他力をうまく使って利益をあげています。

だからこそあなたも会社員の枠組みではなく、
他力をつかう経営者視点にならないと稼げないでしょう。

下手に仕事ができる人物は何でも自分の力で
こなそうとします。

それではすぐに限界が見えます。

ちなみに電話一本で 50人ほどの登録スタッフに簡単な
指示を居酒屋でお酒を飲みながらするだけで月数十万稼ぐ
副業者の方だっておられまあす。

・自分の価値が高くなるフィールドへの移動。
※会社が休みの週末だけでも移動できるはず
・他力をつかう

この2点を意識するだけでも視野が広まるはずです。

この考えを持てば、今回紹介した「手配師染みた行為」よりも、
もっとあなたにあった(楽に稼げる)方法がみつかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA