ウェブサイト運営

便利屋営業用のウェブサイト(ホームページ)作りは製作会社に任せるべきか?

投稿日:

便利屋のウェブサイト(ホームページ)作製はプロに任せるべきなのか

資金に余裕がある方はプロにまかせる。
お金がなければ自分でつくるしかありません。

ただし、製作はプロであっても運営のプロではないことを注意してください。

開業希望者がまずぶち当たる問題

個人で便利屋をはじめようとする方、
自営業志望者に多い質問です。

営業用のホームページについて。

「ウェブサイト(ホームページ)の作り方がわからない」
「プロに製作をまかせるべきなのだろうか?」
「プロにまかせたら儲かるのだろうか?」

今回は「ウェブサイト(ホームページ)作製をプロに発注するかどうか」
について言及してみます。

ウェブサイト(ホームページ)を所持する理由

これは高齢者を想定客とした便利屋さんでも悩む問題です。
IT化が遅い便利屋業界でさえ、いまやほとんどの便利屋が
ウェブサイトを所持しています。

紙面(チラシ)だけでは情報量がどうしても乏しくなる。
その補完としてウェブサイトを開設しているのですね。
チラシにURL・屋号を載せアクセスしてもらう。

そして、「このようなサービスもあったのか」とお客さんに
知ってもらい定番サービス以外も利用してもらう。

また、営業日誌・作業内容の詳細をブログにアップ(投稿)し、
見込み客の不安を払拭することも可能です。

利用体験談を掲載し、同じ悩みを持っている方の解決策を
提示することだってできちゃいます。

これは稼いでいる便利屋(何でも屋)さんが必ずしている施策です。

なぜなら、受注数に多大な影響を与えるためです。

私も重視していますし、過去成功例もいくつもあります。

チラシ集客では不十分

個人の便利屋さんでも、いまやチラシ+ウェブサイト(ホームページ)でお客さんの囲い込みを目指しているのが一般的です。

だからこそ、チラシだけで集客する便利屋は減少傾向にあります。

昔はチラシだけで一定数の顧客を確保できれば問題ありませんでした。

リピーター商売ですから1人のお客さんが年に1回利用するだけで
生活できる。ぐるぐると回転するので安定的な収益がだせた。
でも、いまや顧客の奪い合いがおきています。

中高年の方でもネットをうまく利用している時代です。

誰にでもできる仕事であればより、サービスの質が良い
便利屋・業者に流れていってしまいます。

時代のながれは便利屋業界にも影響を与えています。

満点のサービスを提供しても一定数は他社にながれていく。
その分を補充しなければなりません。

チラシだけでは不十分ですので、そこはネット集客で
補うことが必要となります。

以上のことからウェブサイトは所持するべきです。
でも、また問題があらわれます。

それはプロ(HP製作業者)に任せるか否か。

プロに任せるべきか?

結論から申しますと、任せるべきです。

ただし、自分である程度知識を蓄えておかないと
まず、ぼられます。

便利屋業界は現役者でも1ネット知識が不足している方が多く、
そして、開業予定者もネットリテラシーが乏しい方が参入してきます。
1私がなんとか便利屋業界に参入しそこそこ稼げた理由でもあります。

ですので、カモと見られていてもおかしくはないのです。
いや、その可能性が高いでしょう。

製作会社独自のCMSを貸し出す(リース)なんて最悪です。

独特の操作なので、その会社しかカスタマイズ方法が
知りえません。そのため一旦その会社と契約をしてしまえば
離れられません。解約料金も設けられています。

しかし、あくまでHP(ホームページ・ウェブサイト)製作のプロでしかありません。

それ以外はまったく専門外。
あくまで、基本からはずれない道筋を提供するだけです。

けれど誰も彼もが勘違いをしてしまう。
「儲かっている便利屋のウェブサイトをつくった会社に任せれば自分も儲けられる」と。
そんなわけないです。

外側(パッケージ)の作成のプロと、中身をつくる(運営)のプロは異なります。
あくまで見栄えの良い外側をつくってくれるだけです。

そして、運営のプロとは依頼した方 本人にしかなりえません。
どうしても自分(依頼者側)がウェブサイトの更新作業にかかわらなければ
そのウェブサイトの質は下がります。

これはウェブサイト製作会社自身でさえも言っていますし、
これは私の経験則でもあります。事実です。

自分で提供するサービスについて詳細に説明できるのは
自分しかありえません。

ネット集客をはじめようとする方は競合他社のウェブサイトを
見ると意気消沈します。

「こんな立派なウェブサイトをもっている相手が競争相手か」と。
けれどそれは外側だけを見た場合。

たしかしに外見をプロに任せ、内側(運営)もしっかりしていたら
打ち破るのは困難でしょう。

しかし、外も内も立派な便利屋はすくないですし、それよりも中身が肝心です。
ウェブサイト(ホームページ)だけが立派なハリボテ便利屋なんていっぱい存在します。
一方、中身が充実している便利屋はすくないです。
ここに商機があります。

気がつけばなんてことはありません。

お金がないのであればプロに発注しなくても大丈夫。
まずは不恰好でも自分でつくればいいのです。
中身が大事です。

ウェブサイトをつくるプロだからといって
ウェブサイト運営のプロではないと理解していれば
大きなミスはしないでしょう。

-ウェブサイト運営
-,

Copyright© 便利屋開業で、無理なく雇われずに稼ぐ , 2018 All Rights Reserved.