便利屋(なんでも屋)での仕事の貰い方・集客・SEO・各サービスについて解説します。

便利屋を開業する前に読むブログ

便利屋のサービス

知られたくなかった…。意外と稼げる便利屋の仕事「演技代行」とは?

更新日:

儲かる便利屋の仕事。演技代行とはなにか。

許認可もいらず、資格もいらないのに高単価のお仕事があります。
便利屋ができる仕事の範囲内で、です。

それは「演技代行系」サービスです。

身ひとつで便利屋はできない!?

私はそんな意図で書いているわけではないのですが、
当ブログが「気楽に便利屋ができる・はじめられる」と
アピールしていると感じている方が存在します。

知り合いの便利屋さんからも以下のようなお言葉をいただきました。

「そんなに簡単な稼業じゃない」

「身一つでできるなんて嘘はいけない。機材費はかかるんだから」

「自宅をオフィスにするのには大家の許可が必要。機材の保管場所も必要だから
レンタルオフィス・保管費はかかる」
など。

とくに、職人・工務店勤務から便利屋にシフトした方は
当ブログの方針には疑問を抱くようですね。

一方、脱サラしてすぐに便利屋を起業して成功されている方は
「なんとかなる」という反応なのが面白いところです。

話をもどいます。

この「身一つでできるのが便利屋の魅力」というのは、
「間違いではないけれど、正確ではない」表現です。

正確には、便利屋をはじめるのにはそれほど資金は必要ない。
けれど売るサービスによっては自身だけではできない、
先行投資が必要となるし、各種許認可や資格もいる。

このように表現すべきだったのかもしれません。

では、本当に身一つで、これといった資格も資金も
許認可も受けずにできる仕事はないのか。
できれば割のいい仕事が。

これがあるんです。

演技系。演技代行と言われる仕事です。

演技代行とは?

レンタル彼女という商売が流行ったのはご存知のとおり。
サービス内容としては、女性が依頼者とデートをするという単純なもの。
しかし、似たようなサービスはすでに十数年前から便利屋が提供していました。

恋人のふり・婚約者のふりをして欲しいと希望する依頼者
に対応するサービスですね。

レンタル彼女のようなデート主体ではないサービスです。
※ただし、デートが主目的の依頼もあったようです。

演技が商品となる依頼ですね。
このサービスは演技代行と呼ばれています。

そのまま演技請負でいいと思うのですけど、
なぜか演技代行です。

退職代行と同様ですね。

退職は本人しかできないので、本来ならば
退職代行サービスは「退職連絡代行」や「退職電話代行
となるはずなのですが、細かいことは関係ありません。

演技代行というワードは、すくなくとも2014年あたりから
複数(3事業者ほど)の便利屋が使っていたのを確認しています。

演技代行の依頼例

演技代行の依頼は、依頼者の希望どおりの人物を演じるのが基本です。

「恋人のふりをして欲しい」
「同僚のふりをして欲しい」
「家族のふりをして欲しい」など。

実際には、「~のふりをして~をして欲しい」という要望を
されるとおもわれます。

(例)
「占い師のふりをして私たち(カップル)の相性は
バツグンだという診断結果を出して欲しい」

「元彼氏のふりをして私の彼に嫉妬を抱かせてほしい」
「家族のふりをして彼女の父親に会ってほしい」など。

演技代行のメリット

「簡単な依頼は身一つでできる」

演技代行のメリットひとつ。
それは、身ひとつでできる点です。

簡単な演技依頼であれば、演技の基礎ができていなくても可能です。
ちょい役を希望する依頼者はいるので、演技に不慣れな人でも受けられます。

ただし、忘れがちですが演技は特殊技能です。

設定が複雑な役をするとなるとワークショップを経験していない
素人では対応が困難となります。

依頼者が持ち込んだシナリオ(台本)どおりに
進行しなければならない依頼もありますから。

ここまで読まれた方は以下のような憤りを持つかもしれません。

「むずかしい依頼が来たらどうしようもないじゃないか!
なにが身ひとつでできるサービスなんだ」と。

ただ、便利屋は受注した仕事を自分でする必要はありません。

解決策があります。

提携している便利屋・他業種に任せればいいのです。

外注ですね。

格好よくいえばアウトソーシングです。
※職人系の便利屋さんは「投げる」と言いがちです。

「提携できる便利屋を見つけられなければどうしたらいい?」

そういうときは、自社で専用のスタッフを雇えばいいのです。

登録スタッフという形態で募集するだけです。

とくに広告費をかけなくても、現役の劇団員や元俳優、
学生時代に演劇部だった人などが応募してきます。

最近は副業をさがしている人が多いので、
意外と応募が来るんですよ。

なお、募集する際には「副業可」「直行直帰OK」「登録費不要」
などのワードを含ませると反応率が高まります。

ちなみに「登録費不要」というのは副業詐欺を心配されている人に
向けたワードです。

※登録スタッフの募集の仕方・募集文章の書き方は別記事にて
紹介しようと思っています。もうしばらくお待ちください。

維持費がない

演技代行は、サービスを提供するための機材はありません。
機材も必要ないのでレンタル費用・保管費・メンテナンス費などは発生しません。

例外としても衣装費程度ですね。
※ウェブサイトのサーバー代金・ドメイン代金は別です

それに、簡単な依頼は自身で対応できます。

気になるのは人件費ですが、依頼があるときだけ人を雇う形態なので固定費用はなし。

単価が高い
料金相場は、1件 2万円です。

見積もりサイトでは値崩れして1時間3000円ベースで請け負う便利屋・
兼業探偵もおります。しかし、2万円ほどで受注できるはず。
2、3年ほど前は2万円で十分に受注可能でした。

交通費込みではありませんよ。
交通費は別です。

込み入った事情。難易度が高い依頼であれば2万以上でも
依頼者は納得するでしょう。

実働時間も30分足らずの依頼だってあります。

現役の便利屋さんも勘違いしやすいのですが、
演技代行系の依頼は、時給ベースの依頼ではありません。

どれだけ求められる役割を演じられるか、そこが焦点になります。

時給で作業を請け負う機会が多い便利屋さんだと、
見積もりをだすのにはためらいがあると思います。

しかし、実働時間(稼働時間)ではなく、難易度から考えて
いただきたいです。

リピート依頼される確率が高い

演技代行の依頼者は「嘘をつく」ために依頼する人が珍しくありません。

そのため、リピート率が高い傾向にあります。

嘘がばれないために、嘘を維持するためには
再度、おなじ便利屋(おなじスタッフ)を頼るほかありませんから。

リピーターとなれば、値下げ交渉もほとんど発生しないので
同一料金で再受注ができます。

もちろん、デメリットもあります。

失敗に終わると返金を求められやすいのが
この演技代行案件です。

依頼者に返金したとしても、担当した登録スタッフには
いくらかの作業費を渡すことになるでしょう。

そうしないと、登録を解除して離れていくためです。

また、依頼者側の不手際で失敗に終わっても
クレームが入りやすい案件でもあります。

そのため、無理があるような依頼を受ける場合には
事前説明をして、納得してもらわないと、
あとあとトラブルになるでしょう。

デメリットもありますが、メリットと比べると
割の良い部類の仕事となりえます。

なにせ、便利屋業としてネックとなる許認可・資格も
準備金も必要ありません。

すぐにはじめられます。

それでいて高単価の割の良い部類の仕事です。

需要はまだまだある

演技代行はまだまだ需要があるサービスです。

母役・父役・子供役・恋人役・取引業者の役・上司役などが
必要な人は潜んでいます。

便利屋をしている方ならおわかりでしょうが、
ほんとうに、さまざまな悩みを抱えている人が一杯います。

もし、あなたに演技力がなければ演技ができる人を雇えばいいだけです。

演技代行系は認知度はまだ低いですし、なにより大手便利屋はあまりいい顔をしません。
一度でもっと儲かる仕事があるからです。

ただ、個人の便利屋の範囲であれば十分に割のいい仕事です。

以上です。

参考にしていただけましたら幸いです。

  • この記事を書いた人
bquest

ジュンイチ

元便利屋。スモールビジネスをゼロから複数立ち上げた経験を活かして個人事業主の開業支援・事例ライターなどをしています。取材歴:フジテレビ「ノンストップ」・三才ブックス「ラジオライフ 」 。断りましたが取材依頼の申し込み(企画段階)は真相報道バ〇キシャ!・A〇emaTV・東京〇Xなどがありました。

-便利屋のサービス
-,

Copyright© 便利屋を開業する前に読むブログ , 2019 All Rights Reserved.